CF-SX1 Windows10へアップグレード intel dynamic power performance managementではまる

CF-S10に続きCF-SX1をWindows10にアップグレードインストールしてみよう。

自然に任せていたらアップデートの準備が完了するまで2か月以上かかってしまったという。
さらに準備完了してからWindows10のダウンロードが始まったり、なんどか通常のWindowsUpdateを挟んだりして数回再起動。

そしてLet’s noteの古い機種(CF-S9系,CF-S10系)でおなじみの
intel dynamic power performance managementをアンインストールして下さいとでるが、
アンインストールしてもなんどもアンインストールしてくださいと出てしまうバグ。
あきらめてその日は寝て翌日頭がすっきりしてから情報収集。

どうやらintel dynamic power performance managementのWindows8.1ドライバーを入れればよいらしい。

ページがすさまじく不親切なのでCF-SX1用には以下のページから取得。CF-S10とかはまた違うので注意めされい!

http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/003104?no=5&q=cf-sx1&score=0.358561098575592&sri=3288979&trn_org=2

Windows10のインストール作業は30分ぐらいで終了。起動後もドライバーのダウンロードが裏で動いており起動中に勝手に解像度が上がった。
ホイールパッドは昔のドライバ(C:\util\wheelpad\setup.exe)をアンインストール、インストールでOK

初回起動中は解像度がおかしいが、裏でVGAドライバーを落としてきており、勝手に適用されてCF-SX1の高解像度モードになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - CF-SX1 Windows10へアップグレード intel dynamic power performance managementではまる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

「CF-SX1 Windows10へアップグレード intel dynamic power performance managementではまる」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.